工務店?住宅メーカー?増改築の価格はどっちが安いと思いますか?

工務店?住宅メーカー?増改築の価格はどっちが安いと思いますか?

トップページ > 工務店?住宅メーカー?増改築の価格はどっちが安いと思いますか?

工務店?住宅メーカー?増改築の価格はどっちが安いと思いますか?

 

 

住宅の増築や改築を行う場合に、よく聞かれるものとして工務店と住宅メーカーではどちらの価格が安いのかという内容があります。一般的には、住宅メーカーが工務店よりも高いとされており、その理由としては、工事費に占める内訳に違いがあるからです。




まず、住宅メーカーの場合には、内訳として、実質工事価格と下請けマージンがあり、粗利益として営業経費、研究開発費、モデルハウス、広告宣伝費、その他会社運営費があります。


一方、工務店の場合には、実質工事価格と、通常知られている粗利益しか発生せず、実質工事価格は高くなるものの粗利益では大きく低下することになります。当然、その分工務店が安くなることになりますが、工事の依頼をする場合には、他の要素を考慮した上で判断をすることが必要になります。


まず、工法があります。例えば、2X4住宅や軽量鉄骨造、軽量コンクリート造などの住宅では、工務店では難しい面があります。特に構造体に手を加えるような場合には、まず、絶対的にノウハウが少なく、この場合には住宅メーカーが安心できます。


次に、積算内容があります。積算内容に関しては、住宅メーカーの場合には高い安いはあるものの内容に関しては大きく心配をする必要がありませんが、工務店の中には、スタッフが少ないなどでは1式計上で見積りを提出するところもあり、この場合には、支払い時にトラブルにつながることになります。


増改築における、大きなポイントとしては、まず、適正価格で積算が行われているのかがあり、他には、技術力、提案力、アフターメンテナンスを始めとしての保障内容が重要な要素となることを認識しておく必要があります。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ